ご購入金額20,000円(税込)以上で送料無料です。

Good Night Suit - Tokyo -

039

-睡眠ブログ- want to SLEEP⑧ 睡眠の質は照明の色で変わる?

-睡眠ブログ- want to SLEEP⑧ 睡眠の質は照明の色で変わる?

 

パジャマ屋が考える睡眠のこと

 

 

ただただぐっすり眠りたい・・・

 

 

少しでも、そんな方のお役に立てますように。

 

 

 

 

 

 

1日の約3分の1を占める睡眠。

 

 

残りの約3分の2の人生を健康に幸せに過ごすために、

 

 

今日からできる簡単なことを1つずつ。

 

 

朝までぐっすり眠れる日は、きっと来ます!

 

 

 

 

 

 

 

 

電気の色による睡眠不足

 

 

特に日本は、夜の照明が明るい!

 

 

と言われています。

 

 

照明が明るければ、眠りにくいですね。

 

 

この時点で、日本にいる方は睡眠不足になる可能性が高いのです。

 

 

 

 

 

 

オレンジ色の効果

 

 

照明が明るいだけでなく、昼白色の照明が多い日本の家庭。

 

 

昼白色とは、白色の光です。

 

 

私たちは、昼白色ではなく、電球色(オレンジ色)の照明をおすすめいたします!

 

 

ではなぜ昼白色はNGで、電球色はOK?

 

 

 

 

 

 

快眠の鍵を握る、メラトニン

 

 

want to SLEEP① 眠る時間、起きる時間でご紹介しました通り、

 

 

起床後、5分だけでも朝の光を浴びることはとても大切なこと。

 

 

なぜなら、脳が目覚め、体内時計がリセットされるからです。

 

 

そして、その14~16時間後に、メラトニンが多く分泌され、

 

 

質の高い睡眠へと導きます。

 

 

夜ぐっすり眠るために、起床後の5分が大切、というわけです。

 

 

それを踏まえて、家の中の電気が昼白色だった場合、どうなるでしょう。

 

 

夕方~夜にかけて、この昼白色の下で生活をしてしまいますと、

 

 

脳が混乱することはもちろん、メラトニンの分泌が抑制されてしまいます。

 

 

すると、寝つきが悪くなったり、夜中目覚めてしまうなど、

 

 

質の高い睡眠が取りにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

電球色はメラトニンの分泌を抑制しません。

 

 

電球色なら、どの時間にどれだけ浴びても問題ないと言われています。

 

 

せっかくパジャマを着て寝て、起床後に朝日をしっかり浴びていても、

 

 

知らず知らずのうちに快眠への道を閉ざしてしまわぬように、

 

 

まずは電気の色を変えてみましょう。

 

 

ぐっすり眠れる日を目指して!

 

 

 

 

Other BOOK
過去のブログ
MAIL MAGAZINE
メールマガジン

登録していただくと、
お得な情報や新作の情報を
いち早くお届けします。

登録 / 解除