ご購入金額20,000円(税込)以上で送料無料です!

Good Night Suit - Tokyo -

011

ワクワクの作り方

ワクワクの作り方

 

こんにちは。ブログ担当の妻です。

 


先日、私の前職時代にご縁のあった工芸家の方の作陶展にお邪魔してまいりました。

 


気品漂う青白磁の作品は、凛としていて清々しくて、

 


こんなにも美しいものかと、吸い込まれそうになります。

 


一つ一つ大切に作る、作り手さんのお気持ちと、

 


作り手さんの素敵なお人柄が作品に現れているように感じました。

 


デザインや見た目だけでなく、とても丈夫なところも魅力の一つで、

 


ものづくりの奥深さを考えさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

洋服や靴など、買った時のワクワクって、

 


どうしても徐々に薄れてきてしまって、

 


それが次第に飽きとなり、

 


新しいものに目が移っていく。

 


いつしか着なくなった服が、

 

 


タンスの奥の方にあったりして。

 


なんだかそれって、悲しいことですよね。

 

 

 

 


最近は、新しいものが欲しくなった時にじっくり考えるようにしています。

 


今持っているものを、メンテナンスしてみてから、もう一度考えてみようって。

 


二ットなら、ブラッシングしてみたり、靴であれば磨いてみたり、洗ってみたり。

 


すると、綺麗に見違えるんです。そして少しだけ、買った時のワクワクが蘇るんです。

 


作り手は機械じゃない。AIでもなくて、人間が一生懸命作ってくれたもの。

 


そんな、忘れてはいけない大切なことを、今回の個展で再確認させられました。

 

 

 

 

 

 

大切に作ったものを、長く大切に使っていただきたいという思いをのせて、

 


パジャマはお客様のもとへ届きます。そのパジャマに、

 


お気に入りのものを、長く大切に使いたいというお客様の思いが重なることを願っております。

 

 

 

 

 

 

GOOD NIGHT SUITでは、ボタンや縫い目のほつれなど、

 

 

無料でお直しをさせていただきます。(送料はいただいております。申し訳ございません!)

 

 

ボロボロになったからもう着なーい!と、

 

 

どうかタンスの奥にしまわず、私共にお送りください。

 

 

もうダメだ!となるまで、是非着倒してください。

 

 

ご連絡はこちらまでお願いいたします!

 


tomo@good-night-suit.com

 

 

 

 

 

 

 

追記


展示会場には一輪挿しも飾られていて、それはもう素晴らしいお花が生けられていました。

 

 

うんうん。素晴らしい作品にはすてきなお花を生けるべきだ。

 

 

到底、私には無理だな。

 

 

なんて思っていたら、作り手さんから意外なお話を聞きました。

 

 

 

 

「ドクダミを生けても素敵なんですよ。」

 


「えっ」

 


幼いころから、

 

 

ドクダミはただのくさい雑草、と思っていた私は耳を疑いました。

 

 

でも、考えてみたら深い緑色の葉に、白くて可愛い小花。

 

 

このビジュアルは昔から変わらないのに、

 

 

初めてドクダミの魅力に気付かされました。

 


早速、息子と公園に行って、無数に咲くドクダミを摘み、

 

 

簡単に生けてみました。(ありものの花瓶ですが)

 

 

可愛い!

 

 

次はぺんぺん草にトライしてみたいです。

 

 

 

 

 

Other BOOK
過去のブログ
MAIL MAGAZINE
メールマガジン

登録していただくと、
お得な情報や新作の情報を
いち早くお届けします。

登録 / 解除