ブログ

お盆休み期間の発送について

いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

お盆休み期間中(8/11(金)〜8/16(水))の発送につきまして、

この期間中にご注文いただいた商品は、8/17日(木)より順次発送させていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願いいたします。

みなさま、良いお盆休みをお過ごしください。

PLEASE SHARE ON
Share on FacebookTweet about this on Twitter

【GOOD NIGHT NEWS】掲載情報!

【GOOD NIGHT NEWS】
本日7/25発売のGG9月号にご掲載いただきました!
*SEER SUCKER STRIPE PAJAMAS

PLEASE SHARE ON
Share on FacebookTweet about this on Twitter

【GOOD NIGHT NEWS】掲載情報!

本日7/15発売のBegin9月号にご掲載いただきました!

*FRESH MINT PAJAMAS

PLEASE SHARE ON
Share on FacebookTweet about this on Twitter

【睡眠ブログ】眠る前のひと時にいい音楽を

 

 

みなさん、眠る前のひとときに音楽は聴かれてますでしょうか。

 

 

私は良い睡眠を意識し始めてから、寝る前にテレビを見るのではなく、照明を暗くし音楽を聴いています。

それは我が家の睡眠前の習慣となり、今までよりも早く眠れるようになったと実感しています。

 

 

寝つきが悪い、眠りが浅い、そんな悩みを持つ方は眠る前に音楽を聴いてみると睡眠が変わるかもしれません。リラクゼーション音楽には心を落ち着かせ、よい睡眠へと誘うちからがあります。

 

 

眠る前の音楽の基本は、スローテンポで歌詞がないことです。

 

私も経験がありますが、歌詞を聴くと言葉の意味や内容を考え始めてしまい、眠りにつき辛くなるそうです。

 

 

人間の呼吸のリズムは音楽のリズムに同調するようで、スローテンポの音楽を聴くと、自然と呼吸がゆっくりと落ち着き、リラックスできます。

 

 

ですが、スローテンポすぎても飽きてしまうので、不規則なテンポや、意外な音色がバランスよく調和された音楽が望ましそうです。

 

 

これらを踏まえて、私が考えるおすすめの3曲をご紹介させていただきます。

 

 

1.坂本龍一 『AQUA』

坂本龍一さんが娘の坂本美雨さんのために作った曲です。

スローテンポで、夢の世界にすーっと落ちていくような曲です。

メロディーが高音に差し掛かれば、もう夢の中です。笑

 

 

2.BILL EVANS 『SOIREE』

ジャズピアニストのBILL EVANS。

アコースティックピアノとエレクトリックピアノが入り混じり、幻想的で非現実的なメロディーはまるで夢の中のBGMのようです。

3ヶ月になる息子は不思議とこれを聴くとよく寝てくれます!笑

 

 

3.DEBUSSY 『月の光』

長年愛され続けている、クラシックの名曲ドビュッシー『月の光』。

目を閉じていても『月の光』が差し込んでくるかのような、心地よいゆらぎを感じられる曲です。

 

 

 

ベッドに横になる前の習慣として、心地よい音楽を取り入れてみてはいかがでしょうか。

携帯を置いて、テレビを消し、音楽で心をリラックスさせ、眠る準備を整えましょう。

みなさまにとって、良い睡眠が取れますように。

 

*参照 かんき出版『睡眠メソッド100』

 

PLEASE SHARE ON
Share on FacebookTweet about this on Twitter

【睡眠ブログ】エアコンとの上手な付き合い方

夏の夜のエアコン、みなさんはどうしていますか?

 

真夏日が続く今日この頃、暑さに寝苦しさを覚え冷房を使っている方も多いのではないでしょうか。

 

我が家でも寝る前に毎晩つけて寝ていますが、冷房が効きすぎて起きてしまったり、タイマー設定の3時間を過ぎてから暑くて起きてしまったり・・・

 

どうしたらこの熱帯夜をエアコンと上手に乗り切れるのでしょうか。

 

エアコンを上手に使って、朝まで熟睡しましょう!

 

 

⒈寝るときは『除湿』と『冷房』どちらが良いか。

 

睡眠時のエアコンは、除湿と冷房どちらが良いと思いますか?

 

除湿と答える方が多いと思います。

 

冷房では体が冷えすぎてしまうと思うかもしれませんが、実はその逆で除湿の方が室内温度を下げてしまうので、冷えすぎてしまうのです。

 

つまり、寝るときは『冷房』設定をおすすめします。

 

 

 

2.熟睡するために良い温度とは

 

眠り始めは体温を下げるために汗をかくので、最初の室温は涼しい方が快適です。

 

就寝1時間前に寝室の冷房を25度に設定して、部屋をしっかり冷やしましょう。

 

そして就寝時には、少し汗ばむけれど目覚めない程度の温度(27〜29度)に変更しましょう。

 

1時間くらいかけて徐々に室温が上がっていくので、体温リズムに合わせた温度変化を作ることができます。

 

 

 

3.エアコンはつけっぱなしでも良いか。

 

寝るときにタイマーを2〜3時間で設定して寝る方も多いのではないでしょうか。

 

それで朝までぐっすり眠れるのであれば良いのですが、途中で起きてしまい、またエアコンをつけることがよくありますよね。

 

夜中に途中で目覚めてしまい、熟睡できないより一晩中高めの温度(27〜29度)でエアコンをかける方が良いと言えます。

 

ただし冷房が体に直接あたるのは良くないのでエアコンの風向調整は必ず行ってください。

 

またいくら熟睡と熱中症予防のためとはいえ体を冷やしてはいけませんから、布団やタオルケット、着るもので調節も行うようにしてください。

 

 

体のためにもエアコンをつけずに寝られる方もいると思います。

 

ですが、高齢者や体温調節のうまく出来ない赤ちゃんや子供などは就寝中に熱中症になってしまう危険があります。

 

個人差もありますが、エアコンと上手に付き合って、この熱帯夜を乗り切りましょう!

 

*参照 かんき出版『睡眠メソッド100』

*参照 ダイヤモンド社『一流の睡眠』

PLEASE SHARE ON
Share on FacebookTweet about this on Twitter