Blog

【睡眠ブログ】カフェインとの上手な付き合い方

早速ですが、みなさまはコーヒーを飲みすぎて眠れなかった経験はありませんか?また、コーヒーが大好きで時間関係なしに飲んでいませんか?

コーヒーや栄養ドリンクに含まれるカフェインが、眠気覚ましに効果があることは有名な話です。カフェインが眠気を抑える理由とその影響を踏まえて、上手にカフェインと付き合っていく方法をお伝えします。

1つのポイントは、カフェインは『アデノシン』という物質のはたらきをブロックするということです。カフェインは、アデノシンの『睡眠誘発作用』をブロックするため、眠気覚ましに効果を発揮するわけです。カフェインそのものが、目を覚ます物質として作用するのではありません。つまり、カフェインで眠気を覚ますということは、自然な眠気を人工的にブロックしているということです。カフェインの過剰な取りすぎを続けていると、脳が覚醒し、睡眠のリズムが崩れていきます。自然な眠りが自然な時間にやってこなくなり、不眠症になってしまう可能性があるのです。そこで、カフェインを摂る際のポイントをいくつかご紹介します。

 

1.コーヒーはアイスよりホットを選択

カフェインの覚醒効果が早く出るのは、アイスコーヒーよりホットコーヒーです。

2.『9時・12時・15時』の3回が最強のカフェイン戦略

血液内のカフェインの濃度が最高値の半分まで減る時間は、健康な人の場合は2時間半〜4時間半くらいと言われてます。ガブガブ飲み続けるのではなく、血中濃度が薄れるタイミングで飲むのが、効果的なコーヒーの飲み方です。

3.17時以降はコーヒーを飲まない

夜の睡眠に支障が出るので、控えましょう。コーヒーが大好きでどうしても飲みたいときは、カフェインレスコーヒーを飲みましょう。

 

参考までに、カフェイン含有量を明記します。(飲み物は100mlあたり)

・玉露        160mg

・コーヒー      60mg

・リポビタンD  50mg

・レッドブル  32mg

・紅茶     30mg

・ココア    30mg

・煎茶、烏龍茶、ほうじ茶 20mg

・玄米茶、番茶 10mg

 

みなさま、カフェインと上手に付き合えそうでしょうか。

今後もパジャマを着ること以外で、みなさまの睡眠の質が上がる方法をお伝えしますので、引き続き見ていただけますと幸いです。

寒くなってきましたので、お体くれぐれも大切になさってください。よい睡眠を〜!

*参考文献:ダイヤモンド社 一流の睡眠

cropped-002327.jpg

PLEASE SHARE ON
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.